リメンバー

Recollect classic Grands Prix with a selection of familiar paddock faces.

Recollect classic Grands Prix with a selection of familiar paddock faces.

アンドレア・ドビツィオーソ、史上最年少の通算200戦目に挑戦

ドゥカティ・チームのドビツィオーソは、2001年6月にムジェロ・サーキットで開催された第5戦イタリアGPでワイルドカードとして世界舞台にデビューすると、2002年からフル参戦を開始。地元ミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンセリで開催された前戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPで通算199戦目、フル参戦デビューから198戦連続参戦を達成。

 

今週末の第14戦アラゴンGPで、ペドロサが今年6月の第6戦カタルーニャGPで樹立した史上最年少(20歳と260日)を更新する27歳と190日で、65年のチャンピオンシップ史上通算20人目となる通算200戦目を迎える。

スペイン・アルカニス: 市街地レース→アラゴンGP

スペシャルインタビュー: ウェイン・レイニー

レジェンドライダー、ウェイン・レイニー。今週末にインディアナポリス・モーター・スピードウェイで開催される第10戦インディアナポリスGPを前に、1990年から3連覇を達成した元王者がカリフォルニアの自宅でスペシャルインタビューに応え、2013年シーズンのタイトル候補たちとアメリカ人ライダーたちに関して見解を語った。

国際中継の歴史を変えたアクシデント

1999年8月の第10戦チェコGP。開幕戦から3連勝、前半9戦中5勝を挙げて、ポイントリーダーとして後半戦の開幕と迎えた東雅雄だったが、2日目午前のフリー走行時、コース上で鹿に遭遇。激突するアクシデントに見舞われた。

 

現在、ブリヂストンでモータースポーツ開発チーフエンジニアとして活躍する東は、あの事故により調子を落とせば、国際中継を提供するドルナスポーツは、状況を検証して、翌年からトラックサイドに設置するテレビカメラの配置を変更した。

ブラドル親子の軌跡

ホームグランプリを迎えた第8戦ドイツGPの初日に最高峰クラス2年目で初めて1番時計を記録したステファン・ブラドルは、2年前の2011年に、父親ヘルムートが僅少さで逃した1991年のタイトルを20年越しに達成した。

アッセンの表彰台を獲得した最後のオランダ人、ズィーレンベルグ

通算65回目のグランプリ開催となるTTアッセン。1994年6月の第7戦250ccクラスで岡田忠之、ラルフ・ウォルドマン、青木宣篤、ジャン=ミシェル・バイルと2位争いを展開して、オランダ人としては、最後の地元で表彰台を獲得したウィルコ・ズィーレンベルグが当時のレースを回想。

さらに、カル・クラッチローとホルヘ・ロレンソがチームマネージャーとしてのズィーレンベルグを語る。

クリビーレ対岡田のラストラップバトル

1999年6月の第6戦カタルーニャGP。8番グリッドの岡田忠之は、15ラップにトップに飛び出してレースの主導権を握ったが、最終ラップにレプソル・ホンダのチームメイト、アレックス・クリビーレが、ファンの熱狂的な応援に後押しされるように、猛然の追い上げで逆転に成功。同大会の歴史的なバトルを振り返る。

Moto3™: エッテル親子のムジェロ挑戦

レッドブル・ルーキーズ・カップで2011年から2年連続してランク4位を獲得して、テック・インターウェッテン・パドック・レーシングからMoto3™ クラスに初参戦するフィリップ・オッテルは、父親ピーター・エッテルが、1991年8月の第11戦サンマリノGP125ccクラスでロリス・カピロッシとファウスト・グレシーニ、1996年5月の第5戦イタリアGP125ccクラスで青木治親、坂田和人、バレンティーノ・ロッシ、斉藤明、ルーチョ・チェッキネロ、エミリオ・アルサモーラらを抑えて優勝を飾ったムジェロに挑戦する。

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising