初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase
News
11 days 前
By @marcmarquez1993

マルケス「バレンティーノは偉大、尊敬する」

サマーブレイクを利用して、ソーシャルメディア(フェイスブックライブ)を通じてファンの質問に対応。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは今週、出身地スペイン・セルベラに位置するファンクラブのオフィスから、個人が運営するソーシャルメディア(フェイスブックとインスタグラム)で寄せられたファンからの質問に約1時間に渡って丁寧に答えた。

チャンピオンシップに対する動機付けに関しては、「日々良くなること、それがモチベーションに繋がるけど、僕にとってはライバルの存在がモチベーションとなんだ。彼らが良くなれば、成長し、彼らから学ぼうとすることがモチベーションとなる。日々、良くできる分野を考える」と、回答。

24歳で5度のタイトル獲得に成功し、最高峰クラスで史上最年少優勝、最年少王者など次々に歴史的な記録を更新してきたが、「史上最高のライダーに関して話題にすることは好きじゃない。各年代でライバルがいて、チャンピオンシップに参戦するのは、全てがグッドなライダーたちなんだ。重要なのは、その瞬間を楽しむこと。可能な限り多くのタイトルを獲得することで、僕は5度のタイトルを獲得した。引退する前に、6度目、7度目のタイトルを獲得できれば完璧。それ以上なら、すごく良いけど、史上最高のライダーになるために闘っている訳ではない。拘りはない」と、レースを楽しんでいることを強調。

前戦ドイツGPでは、歴史的な快挙となる8年連続のポール・トゥ・ウインを決めたが、「最も快適なトラックはザクセンリンク。8年連続して優勝を挙げ、強さを感じる。オースティン、フィリップアイランド、アラゴンも良い。僕のキャリアにとって刻まれたレースが多いけど、もしかしたら、転倒してしまった2015年のムジェロとバルセロナ。あのミスを繰り返したくない」と、2年前の2連戦がキャリアに転換点だったことを説明。

弟アレックスをチームメイトとして迎え入れることに関しては、「もし、チームメイトを選択できるとしたら、弟だろう。家族全員が望みであり、夢の現実となるだろう。いつかそれが現実することを願う。夢は追いかけなければ叶わないと言うから、彼はそれを追い求め、僕は応援しよう。とにかく、彼が最高峰クラスに昇格することは特別だ」と、夢である打ち明けた。

また、イタリアのファンからバレンティーノ・ロッシとの関係に関する質問に対して、イタリア語で「プロとしての関係があり、それが最も重要だと考える。彼は偉大ライダーであり、あの年齢でやっていることは信じられない。100%尊敬する」と、称賛した。