初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase
News
10 days 前
By motorsport.com

ロッシ「マルケスはダメージを抑えたからリーダーなんだ」

総合4位に進出するロッシが前半戦を振り返り、マルケスがポイントリーダーに進出する理由を説明。

Tags MotoGP, 2017

モータースポーツの専門ウェブサイト、『motorsport.com』は、2009年以来8年ぶりとなるタイトル奪回を目指し、第8戦TTアッセンの優勝を含めて4度の表彰台を獲得、第5戦フランスGPで転倒リタイアを喫した総合4位のバレンティーノ・ロッシが前半戦を総括したインタビューを紹介。第3戦アメリカズGPと第9戦ドイツGPの優勝を含めて5度目の表彰台を獲得、第2戦アルゼンチンGPと第5戦フランスGPで転倒リタイアを喫しながら総合1位に進出するマルク・マルケスに対して、「彼がチャンピオンシップのリーダーに進出するのは、決定的な時にあまりポイントを失わなかったから。その一方で僕たちは多くのポイントを失ってしまった。ストロングなライダーだった。必要なときに勝ち、苦戦したとき、ものごとが上手く行かなかったときにはダメージを制限させたから、リーダーなんだ。」

「現時点で全員が同じレベル。有力候補はいない。それほど離されていないペドロサを忘れてはいけない。2016年のバルセロナまでは、長い間、4人だけが優勝を挙げていたけど、今は状況が変わった。優勝できるライダーたちが多い。ベストもワーストもいない。重要なのは、チャンピオンシップを闘っていること。優勝を挙げたことなんだ。」

「誰も今後の展開を予想することはできない。どのレースで優勝できると言えないけど、ミサノでは速く走りたい。アジア3連戦で速く走れるようにトライしよう。しかし、今一番重要なのは、ブルノで戦闘的になることだ」と、前半戦を振り返り、後半戦緒戦の重要性を強調した。