初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase
News
9 days 前
By The Telegraph

ロッシ:レーシング&トレーニング

テレグラフが永遠の若さを誇るロッシのキャリアを特集。トレーニングの重要性を説明した。

イギリスの一般紙、『The Telegraph (テレグラフ)』は週末、ホームグランプリとなった第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPを負傷欠場したチャンピオンシップ最年長のバレンティーノ・ロッシ(38歳)を特集。年齢が一回り違うライダーたちとのバトルを身体面から分析した。

「不運にも毎シーズン、前のシーズンよりも難しくなる。同じレベルを維持する目的でトレーニングを積む。最高峰クラスのバイクを走らせることは、要求が非常厳しい。バイクのセッティングとフィーリング次第で、グッドなフィーリングがあれば、グッドなリザルトに向けて闘える。全てがより簡単になる。問題を抱え、身体面で困難であれば、その反対になってしまう。」

「シルバーストンでは、トップを走り、優勝争いを繰り広げ、通算300戦目を最高の形で締め括ることができた。それが目的であり、ベストライダーたちとバトルをするスピードがあれば、キャリアを続ける」と、ロッシはトレーニングの必要性を強調した。