初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

宮崎敦、ワイルドカードから250㏄勝者へ

宮崎敦、ワイルドカードから250㏄勝者へ

宮崎敦、ワイルドカードから250㏄勝者へ

<p>特別参戦枠"ワイルドカード"から出場した日本人ライダー宮崎敦が、250ccクラスを制覇し、青木治親とド・ピュニエらとともにレースの主役となった。宮崎と同じく特別参戦枠から出場の酒井大作が、スタートからリードを広げる一方で、メランドリはスタートの遅れを巻き返し始めた6周目に転倒してしまった。

"ワイルドカード"の二人組みを追走する青山博一、青木、ド・ピュニエの3人が3位争いを終始展開した。ラスト3コーナーで青山がコントロールを失えば、フランス人ライダーと熾烈なポジション争いを繰り広げた青木が、シケイン直後に転倒してしまった。この2つのアクシデントで、アルツァモーラが4位に入り、ポルト、松戸直樹、亀谷長純が続いた。

ダビッド・チェカは体調不良から欠場した。

Tags:
250cc, 2002, SKYY VODKA Grand Prix of Japan

Other updates you may be interested in ›