初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

王者ロッシ、新MotoGPクラスの歴史的勝利を挙げる

王者ロッシ、新MotoGPクラスの歴史的勝利を挙げる

王者ロッシ、新MotoGPクラスの歴史的勝利を挙げる

バレンシーノ・ロッシは、4ストロークマシン・ホンダR211Cを操り、新MotoGPクラスの開幕戦を制した。01年チャンピオンは、ラスト5周で梁明を捕らえれば、カルロス・チェカも終盤で伊藤真一を抜き、3位を獲得した。

悪天候のため、転倒にクラッシュが相次ぐ展開となった。ホプキンスとマッコイが3周目に、ビアッジとロベルトが7周目に地面に叩きつけられた。13周目には、4位をキープしていたジベルナウが、レースから姿を消した。マックウィリアムス、中野真矢、宇川徹も終盤で転倒からリタイアすれば、カピロッシと加藤大治郎はスタート時からそれぞれ問題を抱えての走行だった。

完走12台中、注目の4ストロークマシンが、上位4位を占めた。

Tags:
MotoGP, 2002, SKYY VODKA Grand Prix of Japan

Other updates you may be interested in ›