初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

表彰台を独占した復活の4ストロークマシン

表彰台を独占した復活の4ストロークマシン

表彰台を独占した復活の4ストロークマシン

昨年の王者バレンティーノ・ロッシが、鈴鹿で歴史の1ページを刻んだ。イタリア人の旋風は、新時代を迎えたMotoGPクラス(旧500ccクラス)幕開けにおいて、ホンダRC211Vの4ストロークマシン勝利という歴史的快挙をもたらした。モーターサイクルの歴史に、4ストローク・サウンドを鳴り響かせ登場した各メーカーのレボリューション・マシンが、グランプリに初披露された上、レースでの信頼性を証明し、優勝したロッシを始め、スズキの梁明、ヤマハのチェカ、そしてポンダの伊藤が上位を独占した。

4ストロークマシンでのロッシの勝利は、1976年のドイツ・グランプリでG・アゴスティニが勝利して以来である。同様に、4ストロークマシンのライダーとして最後に表彰台に立った時であった。

ホンダが最後に4ストロークマシンで勝利したのは、ミキ・ハイルウッドが1967年のカナダ・グランプリの時であった。

Tags:
MotoGP, 2002, SKYY VODKA Grand Prix of Japan

Other updates you may be interested in ›