初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

宇井陽一、不運な2002年スタート

宇井陽一、不運な2002年スタート

宇井陽一、不運な2002年スタート

昨シーズン、この125ccクラスの2位であり、タイトル獲得候補の1人である宇井雄一は、望んでいた今シーズンのスタートを切ることができなかった。宇井は、圧倒的速さを見せ、ポールポジションを獲得し、決勝では2位と、好発進した2001年の再現を期待していた。しかし、週末のフリー走行と公式予選では、全てが反対の傾向となった。1日目のフリー走行中には転倒もあり、14位に終わると、2日目には2つポジションをアップするものの、1999年の南アフリカGP以来の過去最低12位スタートとなる。決勝では突然、6周目に、雨の影響から滑りやすい路面の被害者となり、レースを後にした。125ccクラスの大半のライダーたちが、次々に同様な理由でリタイアしたことで、日本人ライダーにとっては多少の慰めになった。「サスペンション関係のセッテイングが決まらなかった。おそらく、予選の時に雨の中で走らなかったからでしょう。この条件下で、うまく走ることができなかった。」

Tags:
125cc, 2002, SKYY VODKA Grand Prix of Japan

Other updates you may be interested in ›