初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ライダーとして熟成を見せたランディ・ド・プニエ

ライダーとして熟成を見せたランディ・ド・プニエ

ライダーとして熟成を見せたランディ・ド・プニエ

ランディ・ド・プニエの250ccクラス最初のシーズンは、浮沈が激しいレースを展開していた。スピードあるライダーだが、傑出する成績を上げるのはまれであった。フランスのチームでグランプリを戦うことを学び、ランキング13位を獲得した後、ド・プニエはカンペテーラ・レーシングに移籍した。このモンテカシアノのチームへの移籍で、レベルアップされると思われる。2001年のドイツGPでの5位入賞がこれまでの最高成績だが、フランス人は表彰台常連になるという野心を決して諦めてはいなかった。日本GPでの活躍と成績は、250ccクラスのタイトル有力候補に数える必要があることを証明したと言える。

彼のお気に入りのサーキットの1つで、ド・プニエは最初のチャンスを生かした。土曜の公式予選で3番手のタイムを記録し、速さを証明した。レースでは、熟成した走りを見せたが、おそらく操縦技術がまだ欠けているところがあると思われる。

鈴鹿の路面は完全なウエット状態で、困難な条件の中、ワイルドカード・ライダー2人と激しいバトルを展開。ド・プニエは速さと正確さを駆使し、青山博一と青木治親のアタックを退け、3位でゴールし、初めて表彰台に登った。スペクタクロな開幕戦を展開したド・プニエは、次回の南アフリカGPでもこのレベルをキープできることを期待している。

Tags:
250cc, 2002, Randy de Puniet

Other updates you may be interested in ›