初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

グレッシーニ、昨年のような不安がなかったレインレース

グレッシーニ、昨年のような不安がなかったレインレース

グレッシーニ、昨年のような不安がなかったレインレース

元ライダーであり、加藤大治郎、アルサモラ、ロルフォが所属するチーム、フォルツナ・ホンダ・グレッシーニの所有者であるファウスト・グレッシーニは、降り続く雨の中で展開されたスカイウォッカ グランプリ・ジャパン250ccクラスレースで、昨年のように過度に苦しみ耐えることはなかった。01年、日本人ライダー加藤がウェットレースの際、あまり成績を残していることから、責任を感じていた。

加藤は、250ccクラスで圧倒的な強さでチャンピオンを獲得したが、ムジェロで開催されたイタリアGPでは、ウェットレースに苦しみ、10位に終わっている。

決勝が行われた日曜。雨の鈴鹿で、グレッシーニはアルサモラとロルフォが、それぞれ4位と8位でゴールする瞬間を見届けた。スペイン人の前には、伝統的に鈴鹿で大活躍する日本人ワイルドカード・ライダー2人が、イタリア人の前には3人が、先にチェッカーを受けていた。チームの所有者は、レース終了後に満足なコメントを残した。「チャンピオンシップを争う上で、黄金のポイントを獲得した。鈴鹿のゴールラインを切ったのは重要なことであり、我々のライダーたちは、これから始まるワールドチャンピオンシップに向け、私に信頼感を与え、グランプリを戦う力があることを証明した。」

Tags:
250cc, 2002

Other updates you may be interested in ›