初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

NSR500のカピロッシと加藤大治郎がトップ

NSR500のカピロッシと加藤大治郎がトップ

NSR500のカピロッシと加藤大治郎がトップ

ロリス・カピロッシと加藤大治郎が、厳しい日差しの下で行われたMotoGPクラス予選一日目の上位を占めた。多くのライダーがトップに立ったが、最初にトップに立ったのはカピロッシだった。カルロス・チェカが開始から8分後に、ロッシがその7分後に入れ替わるように順位表の最上位に飛び出る。中盤にはマックウウィリアムスが、驚きのトップに立つが、4分後にロッシに追い越された。プロトンは最終的にはチェカに続き、8位でこの日を終えた。

ロリス・カピロッシは、終了23分前に再びトップに踊り出るが、ロッシが三度、ポジションを奪回。しかし、ラスト3分に3度目の正直とも言うべきか、ウエスト・ホンダ・ポンズのライダーは、加藤に0.4秒差、宇川に0.5秒差、ロッシには0.6秒差をつけ、暫定ポールを決めた。

セテ・ジベルノーは、終了間際に転倒。彼のチームメイト、ケニー・ロバーツはマックス・ビアッジの後方、トップと約1秒差の6位で終わる。

Tags:
MotoGP, 2002, Africa's Grand Prix

Other updates you may be interested in ›