Tickets purchase
VideoPass purchase

激戦のレースを制したポジアーリ

激戦のレースを制したポジアーリ

激戦のレースを制したポジアーリ

マヌエル・ポジアーリが、激しく入れ替わる熾烈なバトルを制した。オリベ、チェッキネロ、そして宇井陽一がファースト・ラップで転倒リタイアする一方で、ダニ・ペドロッサがトップで戻って来た。次に2位スタートのポジアーリが前に出るが、ペドロ・ニエトが直ぐにトップを奪う。中盤まで、トップから僅か2秒以内に11人のライダーが競うバトルが展開された。

ラスト5周、ビンセントがニエトを抜き、ポジアーリを追走。ポジションが目まぐるしく入れ替わる展開のなかで、ラスト・ラップ、3位を走っていたニエトが転倒寸前になる。その瞬間にペドロッサ、イェンクナーが機会を逃さなかった。日本人ライダーでは、東雅雄が9位、上田昇が11位でゴールした。

Tags:
125cc, 2002, Africa's Grand Prix

Other updates you may be interested in ›