初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アプリリア、コンストラクター部門トップへ

アプリリア、コンストラクター部門トップへ

アプリリア、コンストラクター部門トップへ

南アフリカGPでアプリリアは、エクセレントな結果をおさめた。マルコ・メランドリ、フランコ・バッタイニ、そしてフォンシ・ニエトのアプリリア・ライダー3人が表彰台を独占。今回の圧勝で、今シーズンから設立されたコンストラクター部門において、トップに踊り出た。

アプリリアは、1998年のカタルーニャGP以来の表彰台独占であった。当時は、バレンティーノ・ロッシ、原田哲也、そしてロリス・カピロッシが他を圧倒。今シーズンでは、昨シーズン、唯一勝利経験を持つライダー(加藤、原田、そしてマクウィリアムスがMotoGPクラスにスイッチ)、メランドリが引き続き、他のライダーとの実力を証明している。さらに、南アフリカGPのスターティング・グロッドにはアプリリア勢が、フロントとセカンド・ローをほぼ独占。8台中7台を占め、唯一、ホンダのロベルト・ロルフォが割り込んだにとどまった。

開幕戦の鈴鹿では、ヤマハの宮崎敦、ホンダの酒井大作に続き、ランディ・ド・ピュニエが3位を獲得。第2戦で、アプリリアは日本の2大メーカーを抜き、コンストラクター部門で、トップに立った。アプリリアは41ポイント。ヤマハとホンダはそれぞれ33ポイントを獲得している。

Tags:
250cc, 2002, Africa's Grand Prix

Other updates you may be interested in ›