初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

加藤、ロッシとともにリズムを生みだす

加藤、ロッシとともにリズムを生みだす

加藤、ロッシとともにリズムを生みだす

バレンティーノ・ロッシが、予選1日目開始8分でトップに立ち、そのまま暫定ポールポジションを獲得した。このタイムアタックのなか、ワールドチャンピオンは加藤大治郎の猛追を完全に振り払うことができなかった。宇川徹、バロス、そしてカピロッシらホンダ勢が上位を独占した。

約12分間、ロッシは自らリズムを高めた。加藤だけが彼を追撃でき、最終的には、0.3秒遅れの2位となるが、宇川を抑えた。4位にはバロスが入ったが、トップからは1秒差を離された。

地元スペイン勢では、セテ・ジベルノーが8位、カルロス・チェカが12位。また、中野信矢とノリックが、それぞれ9位と10位。青木宣篤は15位。原田哲也は16位で予選1日目を終えた。

Tags:
MotoGP, 2002, Gran Premio Marlboro de España

Other updates you may be interested in ›