初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レプソル・ホンダ、チーム部門独走

レプソル・ホンダ、チーム部門独走

レプソル・ホンダ、チーム部門独走

レプソル・ホンダが、シリーズ第3戦を終え、チーム部門で他のチームに大きく水を空けた。ロッシの勝利と宇川徹の3位獲得で、41ポイントをゲット。これまで6度のポイント獲得チャンスに、5度:2勝と2位獲得のロッシと1勝と3位の宇川と、圧倒的に強さを見せている。

2位には、レプソル・ホンダから54差を離され、ウエスト・ホンダ・ポンスがつける。カピロッシとバロスが4位と5位を獲得し、高ポイントをチームに与えた。ライダー1人制ながら、加藤大治郎の特筆する活躍で、フォルツナ・ホンダ・グレシーニを3位に導いている。マルボロ・ヤマハは4位に後退。ビアッジとチェカのリタイヤで、無得点に終わったことが影響した。

ロバーツとセテがそれぞれ初完走(8位と9位)を果たし、テレフォニカ・モビスター・スズキに初ポイントをもたらした。

Tags:
MotoGP, 2002, Gran Premio Marlboro de España, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›