初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

マヌエル・ポジアーリ、ヘレスを分析

マヌエル・ポジアーリ、ヘレスを分析

マヌエル・ポジアーリ、ヘレスを分析

ヘレスで主役の1人となったマヌエル・ポジアーリ。スペクタクロ、意表を突く驚き、そしてトラプルをレースに提供してくれた。ワールドチャンピオンは、勝利へのバトルから一転、最終コーナーで転倒。その前にも、デ・アンヘルと衝突を演じており、最終的には11位でゴールラインを駆け抜けた。

ポジアーリは、motograndprixにトラブルついて語った。「制裁決定については、レースでは起こりえることだから、過度な処分だと思う。しかし、処分の評価について、論争はあまり起こしたくないんだ。避けきれず、普通なライディングで起こった不運な結果だったと思うよ。コーナー侵入の正しい軌道に乗ろうとしたが、マシンの後方部分が、ブレーキングをかけたデ・アンヘルに衝突したんだ。レース後に彼と話し合ったし、後に引くようなことはないよ。」

最終コーナーでの転倒については、「勝利を目指し、ラストアタックを仕掛けたが...不運にも上腕骨にひびが入ってしまった。木曜には、イモラに移動し、引き続きドクターと治療に専念することにしている。骨折以外には、やけどを負ってしまったが、このような転倒では起こりえること。ル・マンには影響はないだろうが、レースを戦うために体調が回復するかどうか分からない。好成績獲得は難しいだろうし、お気に入りのサーキットだけに残念だ。昨年は、あそこでグランプリ初勝利を挙げたんだよ。」

Tags:
125cc, 2002

Other updates you may be interested in ›