初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アルヌー・ヴァンサン:ついに僕のポテンシャルが発揮できる!

アルヌー・ヴァンサン:ついに僕のポテンシャルが発揮できる!

アルヌー・ヴァンサン:ついに僕のポテンシャルが発揮できる!

3戦を終了し、一気に中心的ライダーとなったアルヌー・ヴァンサン。motograndprix.comにここまでの成功と、チャンピオンシップへのビジョン、そして母国開催グランプリについて語ってくれた。

motograndprix.com:鈴鹿での勝利と2戦連続2位獲得。序盤は完璧の成績をおさめているけど、君にとってもこの成績は驚きかい?

アルヌー・ヴァンサン(以降AV):現実には、NOだね。これまでの2年間は、僕のレベルを発揮できなかった。今年は、グッドなマシンとグッドなチームで、2つが上手く機能しているから、当然、結果が伴うんだよ。

mgp.com :昨年までとは、ラジカル的に変化した。この成績は、レースに対する信頼性と言えるかい?

AV :ようやく、僕の全てのポテンシャルを発揮するためのマシンを乗っている。以前は、期待に応えるマシンで駆けていなかった。今年のマシンは機能的で、結果が出ている。最後まで上手く走れているんだ。

mgp.com :ポジアーリとポイント24差。安全圏だけど、どうシーズン立ち向かって行くかい?

AV :全く心配していないんだ。たった3レース消化しただけで、まだ13レース残されている。チャンピオンシップは始まったばかりで、全てが起こりえるんだ。レース、レースを戦っていくことがベストだ。毎機会が大切で、計算しないことだね。

mgp.com :次戦はル・マン。君のファンの前で走ることは、大きなプレシャーかい、それともサポートかい?

AV :フランスで走ることは特別プレシャーだとは感じない。正反対で、僕のWEBのおかげで、多くのファンが集まり、本当のサポートが受けられる。週末は、ファンに満足してもらうよう最大限の努力を惜しむよ。

Tags:
125cc, 2002, Polini Grand Prix de France

Other updates you may be interested in ›