Tickets purchase
VideoPass purchase

ホンダの先鋭ペドロッサ、アプリリアに包囲網に挑む

ホンダの先鋭ペドロッサ、アプリリアに包囲網に挑む

ホンダの先鋭ペドロッサ、アプリリアに包囲網に挑む

アプリリアはシリーズ第3戦を終了した時点で、コンストラクター部門で75ポイント獲得可能中70ポイントをゲットし、圧倒的な強さを発揮している。ヴァンサンとチェッキネロの勝利を始め、ヘレスでの表彰台独占が、イタリアのメーカーを物語っている。

アプリリアが物量でチャンピオンシプを戦う構図で、軽量級を支配するなか、ホンダも12人体制で表彰台獲得の可能性を高めている。デルビとイタルジェットは2人ライダー制で挑めば、ジレラはワールドチャンピオンのポジアーリと将来性のある2人を加えた3人ライダー制で対抗している。

ワールドチャンピオンシップ上位6人中アプリリア勢が4人を占めているなか、ホンダのダニ・ペドロッサが3位に割り込んでいる。グランプリ参戦2年目の新鋭ライダーは、2戦連続ポールポジションと、シリーズ第2戦2位と非凡な才能を発揮している。ル・マンでは、アプリリア、デビル、ジレラを駆る強豪を相手に、高ポイント獲得にチャレンジする。「ヘレスでの手首負傷はだいぶ回復し、上位を狙いたい。ル・マンは、高速スピードが最重要だが、僕たちの基本的目標は上位進出のために働くことなんだ。」ホンダが最後に、表彰台を独占したのは、99年のリオGPの時である。

Tags:
125cc, 2002, Dani Pedrosa

Other updates you may be interested in ›