初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヴァンサン、フランス人ライダー初王者へ

ヴァンサン、フランス人ライダー初王者へ

ヴァンサン、フランス人ライダー初王者へ

ヘレスで2位を獲得したアルヌー・ヴァンサンは、ワールドチャンピオンシップにおいて、2位にポイント差24のアドバンテェージを得て、地元グランプリを迎えた。もし、好調さを最終戦までキープできれば、125ccクラスではフランス人初のワールドチャンピオンとなろう。現在まで、この軽量級におけるフランス人最高成績を残しているのは、1980年、ランキング2位を獲得したギー・ベルトンである。

また、シリーズ第3戦の2位獲得は、生涯通算500ポイントの壁を越えた。今日、通算500ポオイント以上を獲得したフランス人ライダーはヴァンサンを含めて6人。まだ27歳。今後も期待できるライディングを披露してくれるだろう。

1.オリベエ・ジャック – 1047ポイント
2.クリスチャン・サロン – 933.5ポイント
3.ジャン・フィリップ・ルジア – 899ポイント
4.ジャン・フランコイス・バルベ – 546ポイント
5.パトリック・フェルナンデス – 541ポイント
6.アルヌー・ヴァンサン – 518ポイント

Tags:
125cc, 2002, Polini Grand Prix de France

Other updates you may be interested in ›