Tickets purchase
VideoPass purchase

青木治親、唯一のレ・マン制覇ライダー

青木治親、唯一のレ・マン制覇ライダー

青木治親、唯一のレ・マン制覇ライダー

250ccクラスで、伝統のサーキット、ル・マンを制したライダーが存在しない。唯一、青木治親が、1995年、125ccクラス時代に表彰台の中央に立った経験がある。

「勝利は7年前。もう随分、時間が流れてしまったようだ。」と当時を振り返り、自然に笑みがこぼれたワールドチャンピオン。「実際に、レースの記憶は、あまりないんだ。ただ、表彰台のセレモニーには思いであるよ。なぜなら、シャンパンは空き瓶だったからね。フランスでは、アルコールの広告は禁止されているから。でも、レモネードとか、他の飲み物を瓶に入れることができただろうに(笑)。」

青木は今週末、困難な再現を認めながらの、ホンダの発展に対して楽観的している。「僕たちはとても進歩したんだ。ホンダは、マシンの開発に満足している。」マシンのセッティングがまとまらず、新パーツを導入したり、新しいことを試したりする時、ライダーはフラストレーションとなる。「いずれにしても、このマシンは、今年、競争力があると思う。日曜は、表彰台を獲得にバトルしたい。」

Tags:
250cc, 2002, Polini Grand Prix de France

Other updates you may be interested in ›