初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

刺激的なセッション、ロッシ再びポール獲得

刺激的なセッション、ロッシ再びポール獲得

刺激的なセッション、ロッシ再びポール獲得

バレンシーノ・ロッシが、カルロス・チェカとの熾烈なポールポジションバトルを制し、今シーズン4連続PPを獲得した。予選1日目同様に、この2人がタイムを刻んでいき、目まぐるしくトップが入れ替った。両者のチームメイト、マックス・ビアッジと宇川徹も3番手、4番手につけ、ホンダとヤマハの4ストローク勢がフロントローを独占した。

セッション開始から18分後、ロリス・カピロッシがトップタイムをマークする。その10分後に、ワールドチャンピオンがトップに立つが、残り24分となったところで、昨日、暫定ポールポジションを獲得したチェカが、巻き返した。しかし、直ぐにロッシがタイムを塗り替える。ラスト2分で、チャカが、その5秒後に再びロッシが、タイムを更新し、4連続ポールポジションを獲得した。

4ストローク勢に続いて、加藤大治郎が5番手を確保。そして、原田哲也が、昨日の15番手から8番手にジャンプアップし、今シーズンのセカンドローを獲得した。また、中野真矢が10番手、青木宣篤とノリックが11番手と12番手につけた。

Tags:
MotoGP, 2002, Polini Grand Prix de France

Other updates you may be interested in ›