初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ジャンピエロ・サッキ、ジレラとデルビを分析

ジャンピエロ・サッキ、ジレラとデルビを分析

ジャンピエロ・サッキ、ジレラとデルビを分析

我々のライダーたちの状況は、実際に等しくない。1人は上位に占めていれば、もう1人は下位に低迷している。3人目はグランプリの初ステップを踏んだばかりだから、結果は追求しない。第一にジレラ・レーシングのマヌエル・ポジアーリについれだが、彼が彼自身望んでいる全てのことを実行し、毎レースバトルしている。フィジカル面の状態も良く、メンタル面は非凡なものを持つ。勝利欲も高く、競争を楽しんでいる。このレベルに到達するのは非常に重要である。なぜなら、努力と喜びが成績として表われるからだ。ある人は彼が持つ過度の熱情を非難するが、私はライダーがこれらの意欲を持っていなければ、勝利できないと言えるだろう。

デルビに関して、宇井陽一の状態が気になる。これは、シーズン中盤まで下位に低迷したが、巻き返し、最終戦までタイトル争いを展開した昨年と比較できると期待している。チームは懸命に働き、開発プログラムは実施された。この低迷の決定的な原因が解らないことが心配だ。陽一には、グッドなレースとグッドな結果が必要だと思う。信頼を持って、最大限に働き続けなければならない。アプリリアとは、ストレートスピードで違いがあるかもしれないが、コーナーの立ち上げでは、我々のマシンの方が優れているし、原因は他にあると考えられるだろう。

ムジェロへの予測はしない。ストレートでは不利だが、 コーナーも多くある。毎レース、多くの要因がある。アプレレアの多くのライダーにとっては、ホームサーキットとなるが、ジレラにとってもホームである。好成績を獲得を熱望する。

Tags:
125cc, 2002

Other updates you may be interested in ›