初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

カティヤ・ポエンスゲン、ダーク・ドック・チャレンジを訪問

カティヤ・ポエンスゲン、ダーク・ドック・チャレンジを訪問

カティヤ・ポエンスゲン、ダーク・ドック・チャレンジを訪問

ドイツ人女性ライダー、カティヤ・ポエンスゲンが、Dark Dog Challenge to MotoGPを訪問した。ワールドチャンピオンシップ250ccクラスで、女性としては唯一ポイントを獲得した ポエンスゲン自身も、新人養成プロジェクトの一環でおこなわれているこの大会の前身、ADAC Cadet Cupにおいて、1995年にチャンピオンに輝いており、将来有望なヤングライダーたちへの激励を望んでいた。「将来性がある選手権で、時間と資金を費やし、ライダーたちが最大限のレベルに近づくための準備がここには整っていると思う。」

13歳から19歳までのライダーで構成させるダーク・ドック・チャレンジは、最近開幕したばかりである。参加ライダーになかには、2人の女性ライダー:ジェシカ・バルツ(15歳)とクリスティン・レドウィグ(19歳)が、ポエンスゲンの後継者となろう道を進んでいる。元グランプリライダーも、特に彼女らにアドバイスをおくっていた。「男世界で勝つ可能性を信じなければならないし、勝つことを好まなければならない。疑惑は成功より敵だから。」

Tags:
MotoGP, 2002

Other updates you may be interested in ›