初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ポンチェラル:「ここにエキストラとして来たわけではない」

ポンチェラル:「ここにエキストラとして来たわけではない」

ポンチェラル:「ここにエキストラとして来たわけではない」

フランスGPは我々のチームにとって最も重要なレースでありました。オリビエ・ジャックを加え、唯一のフランスチームであり、スポンサーやファンから大きな支援を受けていました。しかし、獲得したポイントは、他のレース同様でありましたが、感情的な、特にプロフェッショナル的な価値がありました。

ル・マンでは、ヤマハM1が急進歩を遂げました。時間は我々にとって有利とはならないでしょう。4ストロークは進歩の段階であり、このハンディーカップに否応なしに対戦しなければなりません。シーズン開幕当初は、ヤマハ2ストローク勢では我々が速かったですが、不運が重なり、前回のル・マンでは、原田がオーバーランから戻ってきた際に、2人のライダーと接触してしまいました。フラストレーションが溜まったのも事実です。ジャックと中野は、4位を獲得した阿部よりも速かったですから。彼らは5位と8位でフィニッシュできただろうと思います。

次のムジェロでは、楽観的にはなれません。ヤマハ4ストローク勢は、ムジェロで相当数のテストをこなしており、アドバンティージがあると考えています。今までのところ、2人のライダーが完走を果たしたのはウェルコムの1レースのみです。しかし、将来を考えなければならない。イタリアには、グロワーズの会長やelfの首脳陣が来られます。ヤマハの大隈モータースポーツ開発室長とは、残りのシーズンについて、そして2003年についてのミーティングが準備されています。

もっと競争力があり、トップとバトルできるマシンが欲しいです。昨年、中野は負傷したチェコGPに到るまでに9度、フロントローを獲得しました。今年は、常にセカンドローの後方です。しかし、エキストラとし、ここにいるのではありません。この状況を変えるには、自分たち自身です。最善を尽くします。

Tags:
MotoGP, 2002

Other updates you may be interested in ›