Tickets purchase
VideoPass purchase

大惨事のセッション、王者がポールポジションを獲得

大惨事のセッション、王者がポールポジションを獲得

大惨事のセッション、王者がポールポジションを獲得

地元イタリア人ライダー、サバティーニが不運にも大アクシデントを負った。レッドフラッグが振られ、緊急救助が駆けつけたが、転倒の際にサバッティーニ右足が自分のバイクに引っかかっために、引き離し作業に困難を極め、約20分間に渡り中断となった。

ポールポジションを獲得したのは、ワールドチャンピオンのポジアーリ。ラスト8分のことろで、最速タイムを叩き出した。暫定PPのイェンクナーは昨日のタイムを更新できず、ペドロッサ、そしてデ・アンジェリスにポジションを譲った。同様にヴァンサンもタイムを縮めることができず、フロントローを失った。宇井陽一と東雅雄は、それぞれ14番手と19番手からスタートする。

昨年このGPを制した上田昇は、昨日の予選で転倒し、右骨盤骨折と数ヶ所の打撲から欠場を余儀なくされた。.

Tags:
125cc, 2002, Gran Premio Cinzano d'Italia

Other updates you may be interested in ›