初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ、驚異のラップタイムをPPゲット!

ロッシ、驚異のラップタイムをPPゲット!

ロッシ、驚異のラップタイムをPPゲット!

バレンティーノ・ロッシが予選2日目に、再びその力をデモンストレーションした。99年に原田哲也が樹立したサーキットベストラップを塗り替え、5戦連続ポールポジションを獲得した。ワールドチャンピオンは、今季全戦でポールポジションをゲットしている。

静かなセッション開始で、30分を経過するまでは、ジャックだけが昨日のタイムを更新していた。フランス人は好進歩を示し、6位を獲得した。一方でカルロス・チェカだけが予選1日目のタイムを塗り替えることができなかったが3位を獲得した。チームメイトに替わって、ラスト3分にトップにたったマックス・ビアッジだったが、ロッシが驚異的なラップを叩き出し、ビアッジとの差を、0.57秒に開いた。

宇川徹は瞬間最高速度324.5Km/hの新記録を樹立し、明日は7番手スタートとなる。原田哲也が8番手を確保したほか、青木宣篤が11番手、中野真矢が14番手、加藤大治郎が16番手、そしてノリックが19番手スタートで明日のレースを迎える。

Tags:
MotoGP, 2002, Gran Premio Cinzano d'Italia

Other updates you may be interested in ›