初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

チェッキネロ デ・アンジェリスの可能性に全幅の信頼

チェッキネロ デ・アンジェリスの可能性に全幅の信頼

チェッキネロ デ・アンジェリスの可能性に全幅の信頼

アレックス・デ・アンジェリスは、125ccクラスの主役の1人である。チャンピオンシップでは、13位と目立たない順位だが、シーズン序盤から、ヘレスでマヌエル・ポジアーリとの接触などのトラブルなどにも見舞われているが、随所に才能を発揮している。現在までに、彼の努力とタレントのデモンストレーションは、南アフリカの6位と先日のムジェロ9位に発揮されていた。

18歳の若さにも関わらず、99年にイモラでデビューして以来、38戦をこなしているベテランライダー。昨シーズンは、マッテオーニ・レーシングからホンダのマシンを駆けた。ランキング総合14位ながら、現在のチームオーナーであり、チームメイトであるルーチョ・チェッキネロに、才能を認められ、サフィロ・オキサイドに移籍し、アプリリアで駆けることとなった。

「彼を選んだのは、昨年の強烈なインパクトが原因だ。決して速かったわけではないが、好結果をおさめていた。それに、アグレッシブなライディングと、ライダーとしてプロフェショナルな姿勢を見せていた。今シーズン、チームにとってエクセレントな選出になろうと思っている。今年は速さを披露し、満足している。正直に、プレシーズンから通してエクセレントだった。」と説明するチェッキネロ。

「アレックスは、優勝バトルを始める準備ができた。ムジェロでのレース後には、ラストラップに宇井と接触してしまい、表彰台争いから外れたことに対し、失望していたが、ヘレスとル・マンでの転倒リタイヤ以来、完走とポイントをゲットを望んでいた。今シーズン、何度か表彰台を獲得できると、僕は確信している。」

「彼のチーム・デレクターとして、同時にチームメイトとして、いつもでも、できる限り助言を与えたい。何か問題がある時や僕に質問がある時は、ライダーとしての経験を伝えることを心得ている。まだ若いが、将来有望なライダーだと信じているんだ。」

Tags:
125cc, 2002

Other updates you may be interested in ›