初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アプリリア、RS3の航空力学開発へ

アプリリア、RS3の航空力学開発へ

アプリリア、RS3の航空力学開発へ

レジス・ラコーニが駆けるMotoGPマシンRS3の航空力学が、アプリリアの競技部門内に新設された。モーターサイクルにおけるハイレベルでのレース経験と、最新航空力学の分析を駆使し、レギュレーションに適したマシンをデザインする。

アプリリアの航空力学開発には、抵抗率の減少、上昇率の減少、振動の減少を中心に行われている。同時に、横風の影響を最小限に抑える研究も進められている。マシンのシミュレーションは、ウィンドー・トンネルを始め、コンピューターシミュレーション、そしてコーステストで実施される。3つのシミュレーション法は、新プロジェクトにおける航空力学の的確な適応と最速を獲得するために非常な重要な役割を果たすことになる。

航空力学開発の最初に導入されるのは、コンピューターシミュレーション法である。大量のデーターと情報をもたらし、新プロジェクトの導入のベースとなる。コンピューターシミュレーションの用いられるハードウェアとソフトウェアの開発は、勝利への機会をもたらす効果となろう。

Tags:
MotoGP, 2002

Other updates you may be interested in ›