初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ダリル・ビーティー 2輪から4輪ドライバーに

ダリル・ビーティー 2輪から4輪ドライバーに

ダリル・ビーティー 2輪から4輪ドライバーに

元500ccクラスライダーのダリル・ビーティーが、オーストリラア・スーパーカーV8のドライバーとして、現役を続けている。ダリルは、95年に王者ミック・ドゥーハンに続き、ランキング総合2位を獲得したライダーだった。

「レースから退いてから、楽しくなかった。V8をドライビングするのが、いつも好きで、今、レースに挑んでいる。」と語るダリルは、97年シーズンを最後に引退する。生涯優勝3回と表彰台14回の成績を収め、現在はネットワーク10のテレビ解説を務めている。オーストラリア人は、趣味がこうじて本格的なレースカーV8を購入した。「基本的にブレーキングの違いがある。V8はコーナー進入の際、もっと前からスピードを抑えなければならない。この車でレースに挑みたくて、本気で取り組んでいる。文字通りにレースに魅了されている。この車をドライビングするとき、強烈なポテンシャルを感じるんだ。」

Tags:
MotoGP, 2002

Other updates you may be interested in ›