初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ミック・ドゥーハン モナコからアッセンについて語る

ミック・ドゥーハン モナコからアッセンについて語る

ミック・ドゥーハン モナコからアッセンについて語る

今週末はアッセンに行くことができなかったが、テレビの生中継で観戦した。まず最初に、ケニー・ロバーツが理解できない。好スタートを切ったが、次々にライダーたちが彼をパスして行き、日陰的な存在になってしまった。トップにいる時に、信じなれないスタイルで走った。沈んだ。不思議だった。

いずれにせよ、グループのトップに立ったアレックス・バロスはビックなレースをした。直ぐにアタックを仕掛け、最も速いライダーだったことは確かだ。2ストロークが軽いからなのか、セッティングが決まったのか、どうかは分からないが、利点をうまく利用し、ファンタスティックなレースを見せた。バレンティーノがもっと早い段階にパスするだろうと思っていたが、彼はラスト数ラップで勝利へのアタックを仕掛けたほうがいいと考えたんだろう。アレックスはチャンスを失った。バレンティーノが並外れたポテンシャルで強烈なアタックしたことに驚きを感じた。

バレンティーノは2番手で気分よく走っていたように思えた。交わすことを計算し、その瞬間までリズムを蓄え、そして抜き去った。とくかく、とても楽しませてくれたレースだった。2週間後のドニントンパークが楽しみだ。カルフォルニアに行く用事があるためにサーキットにいれないが、またテレビで観戦しよう。

Tags:
MotoGP, 2002, Gauloises Dutch TT, Mick Doohan

Other updates you may be interested in ›