初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

トニー・エリアス 今季初の表彰台ゲット!

トニー・エリアス 今季初の表彰台ゲット!

トニー・エリアス 今季初の表彰台ゲット!

トニー・エリアスにとって、アッセンは特別なサーキットであろう。昨年は125ccクラスでグランプリ初優勝を果たし、先週末は250ccにスイッチし、初めて表彰台2位を獲得した。

エリアスは控えめな発言を繰り返すが、コースでは野心家である。昨年、突如としてタイトル争いに加わり、シーズン終盤までチャンピオンの可能性を残した。昨年末には、250ccクラスへ参戦することを決心する。今季は新カテゴリーと初めて駆けるアプリリアのマシンの特性を学ぶことを目標としている。ホルヘ・マルティネス・アスパール率いるテレフォニカ・モビスター・レプソルで、チームメイトのフォンシ・ニエトとともに、エリアスは大きなミスは犯さず、レースごとに熱心に学び続けている。ウェルコムでは、16位と今季最低の成績を残したが、ル・マンでは6位を、ムジェロでは4位を獲得し、アッセンでは、初表彰台を飾った。

カタルーニャ出身の19歳のライダーは、自身の成長に満足し、アッセンでの表彰台がレース経歴において屈曲点になろうであろうと示した。「アッセンの表彰台に再び立ててよかった。ここは僕が初優勝を果たしたサーキットなんだ。このカテゴーリでの2位のポジションは、優勝のようだ。なぜなら、今年はこの場所に辿り着くまで多くの仕事をこなしてきた。チームと僕はテストの時期から多くの仕事をし、少しずつ、少しずつ今いるところまで良くなって来た。しかし、メランドリのリズムに追走するには経験が欠けている。土曜の決勝レースでは、不可能だった。チームと僕は、2位を獲得したけど、まだ他のチームのレベルに追いつくまで、やることがたくさん残されている。」

Tags:
250cc, 2002

Other updates you may be interested in ›