初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アルヌー・ヴァンサン アッセンでも印象を語る

アルヌー・ヴァンサン アッセンでも印象を語る

アルヌー・ヴァンサン アッセンでも印象を語る

優勝1回、2位2回連続とシーズン序盤で旋風を巻き起こしたアルヌー・ヴァンサンは、ムジェロとカタルーニャで連続優勝したマルエル・ポジアーリにランキングのポジションを譲った。そして先週末は、優勝したダニ・ペドロッサに2位のポジションを奪われ、3位に後退した。

フランス人ライダーは、この数レースにおいて高ポイントを獲得できず、表彰台から遠ざかっている。懸命な努力も技術系トラブルから開幕当初のリズムを失ってい、好結果が残せない状態が続いている。しかしながら、グロワーズ・ダッチTTでは、4位に入り、復調の兆しを見せた。予選で5番手を獲得。好スタートできなかったが、直ぐに12番手から順位を挽回した。「僕の問題はマシンにあり、順位を挽回するのに苦労した。ガスを使用する方法を見つけるまで、90%以上アクセルを開けなかった。」とヴァンサンは説明した。

悪くない結果を上げたが、ヴァンサンには反対の印象が残った。チームは技術的な問題を解決する必要があると訴える。「今、アクセルの問題解決に照準を合わせなければならない。この2レース、問題があった。決勝レースの際、一時も100%の状態で駆けれなかった。この状態に終止符を打つことを期待している。問題があるにせよ、僕は満足している。もし問題が発生しなければ2位になれただろうから。僕が速いのは分かっている。ポジアーリと同レベルだ。」

ランキングリーダーのポジアーリとは、28ポイント差。タイトル獲得についてレース後に語った。「もし、ベストなマシンを得ていたら、ポジアーリもペドロッサも恐れない。チャンピオンシップは残されている。タイトルはまだ決定していないし、誰も支配していない。僕の意図ではないけどね!」

Tags:
125cc, 2002

Other updates you may be interested in ›