初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アルベルト・プーチ アッセンでの成功を振り返り、ドニントンの期待を語る

アルベルト・プーチ アッセンでの成功を振り返り、ドニントンの期待を語る

アルベルト・プーチ アッセンでの成功を振り返り、ドニントンの期待を語る

テレフォニカ・モビスター・ジュニアの責任者であるアルベルト・プーチは、前戦アッセンで活躍したダニ・ペドロッサとジョアン・オリベのアクションについて、そして明日から開催されるグランプリについてmotograndprix.comに語ってくれた。

「特別な勝利でした。」とプーチは説明した。「予想として話題になっていましたが、プランすることはできなかったです。アッセンのサーキットであのような形で優勝することは大変難しい。レース中は集中力を保たなければなりませんが、ダニは見事にやり遂げました。完璧でした。彼は挑戦し、勝利を獲得しました。序盤のハイペースがレースを決定したと言えましょう。なぜなら、ライバルたちは追走することができまかったからです。成績はチームにとって大変素晴らしいことです。メカニックにも、チームに加わるスタッフにも勝利に値します。なぜなら、全員が私たちのマシンのために全力を尽くしたからです。」

オリベにとっても記念すべきレースであり、プーチはヤングライダーについても続けて語った。「ジョアンの序盤戦は不運でした。アッセンはうまく行き、ようやくトップグループでバトルできました。他のレースでも上位に走ることができたでしょうが、いろいろな状況から彼を上位から遠ざけてしまいました。今後は2人に注目が集まることになりますが、心配するほど影響があるとは思ってません。大切なのは、可能な限り落ち着くことです。チームの哲学は常に替わるものではありません。昨年の経験があり、レッスンは冷静な状態を保つことです。」

プーチにとっては、オランダ同様に今週末は予想し難いレースとなろう。「ドニントンは非常に難しいです。高速コースで、アッセンのように誰かが抜け出すような状況にはならないだろうと思います。私たちはマシンを限界まで持って行きます。マシンに関してはデルビにアドバンテェージがあり、また、ポジアーリはライダーとして敬意されるに相応しいワールドチャンピオンです。私たちのライダーも最速です。」

Tags:
125cc, 2002, Cinzano British Grand Prix

Other updates you may be interested in ›