初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

予選1日目 トップ3のコメント

予選1日目 トップ3のコメント

予選1日目 トップ3のコメント

アレックス・バロス:「ドニントンで最速ライダーとなり、最高に気分がいい。僕のチームに感謝しなければならない。なぜなら、実にグッドな仕事をしたからだ。午前中のセッションから、いいフィーリングで走れ、タイヤチョイスやレース用のセッティングを調整した。レースに向け、完璧なコンディションにマシンを仕上げるために、2つほど修正しなければならないが、期待している。」

ケニー・ロバーツ:「今回のレースは前回より、良くなることができると思う。同じマシンだが、アッセンより簡単に速く走れる印象がある。コースはシャシーに多くの要求をしない。タイヤテスト後に、数ラップは速く走ることができた。ミシュランの新タイヤを試した。ベストだと思う。」

マックス・ビアッジ:「午前中のセッションは多少難しかった。おかしな転び方をした。なぜなら、速く走っていなかったからだ。午後はサスペンションを変更し、スピードが出せるようになった。これは、僕たちの仕事が適切な方向に向かっていることを示すものだ。」

Tags:
MotoGP, 2002, Cinzano British Grand Prix

Other updates you may be interested in ›