初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ジェレミー・マックウィリアムス 暫定ポール獲得!

ジェレミー・マックウィリアムス 暫定ポール獲得!

ジェレミー・マックウィリアムス 暫定ポール獲得!

プロトンを駆けるジェレミー・マックウィリアムスがセッション終了と同時に暫定ポールポジションを獲得した。セッション1日目のこの日に主役を演じたのは、最年長ベテランライダー、マックウィリアムスを始め、ここまでの8戦を終了し、特筆する活躍を上げられなかったライダーたちであった。オリビエ・ジャックもその1人と言えよう。フランス人ライダーは常に上位をキープし、ラスト5分にはトップタイムをマークした。

一時の低迷から脱出しつつある加藤大治郎は、セッション後半には上位に進出し、日本人トップの6番手に入った。驚きのラップタイムを叩き出したマックウィリアムスは今季最高のポジションを獲得すれば、バレンティーノ・ロッシは3番手、好調アレックス・バロスは4番手でそれぞれ暫定フロントローを獲得した。5番手はマックス・ビアッジ。ドニントンを負傷欠場した宇川徹が元気な姿を見せ、7番手に入れば、昨年の同レースで3位に輝いた中野真矢が8番手セカンドローを獲得した。

原田哲也が9番手サードローに入れば、ノリックが13番手。急遽ケニー・ロバーツの代役に抜擢された加賀山就臣が16番手で、青木宣篤と引き続きスポット参戦が決まった梁明が、それぞれ17番手と19番手で予選1日目を終えた。

Tags:
MotoGP, 2002, Cinzano Motorrad GP Deutschland

Other updates you may be interested in ›