初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

マヌエル・ポジアーリ ヴァンサンとイェンクナーを抑え、暫定PP獲得

マヌエル・ポジアーリ ヴァンサンとイェンクナーを抑え、暫定PP獲得

マヌエル・ポジアーリ ヴァンサンとイェンクナーを抑え、暫定PP獲得

ワールドチャンピオンのマヌエル・ポジアーリが予選1日目で速さを見せつけた。午前中のフリー走行中に転倒するが、予選に影響を及ぼすことはなく、終始順位ボードのトップを確保していた。

セッション開始直後からシモーネ・サンナ、ジーノ・ボルソイ、ダニ・ペドロッサらと争っていたポジアーリだが、11分にトップタイムをマークし、ラストアタックにはサーキットベストラップを記録した。2番手争いは混戦となり、最終的にはドニントンを制したアルヌー・ヴァンサンがつけ、3番手にはステーブ・イェンクナー、4番手にはペドロッサが入りった。

セカンドローにはデ・アンジェリス、パブロ・ニエト、ルーチョ・チェッキネロ、そして昨年、今グランプリを制したサンナが確保した。宇井陽一と東雅雄はそれぞれ9番手と17番手だった。

Tags:
125cc, 2002, Gran Premio Marlboro de la Comunitat Valenciana

Other updates you may be interested in ›