初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アレックス・デ・アンジェリス 悲願の自己最高成績獲得

アレックス・デ・アンジェリス 悲願の自己最高成績獲得

アレックス・デ・アンジェリス 悲願の自己最高成績獲得

第9戦ドイツGPがザクセンリンクで開催され、アレックス・デ・アンジェリスがワールドチャンピオンシップで初表彰台2位を獲得した。

3年目のシーズンを過ごしているサンマリノ出身のライダーは、42戦目にして表彰台に登り、喜びに溢れている。7年前にグランプリデビューを果たしたデ・アンジェリスは、ポケットバイクから競技をスタートし、サンマリノ連盟のサポートを受け、イタリア選手権とヨーロッパ選手権に参戦する。99年にはイタリア選手権2位、ヨーロッパ選手権5位を獲得するとともに、同年イモラGPでグランプリデビューを果たす。フル参戦となった翌年に、新人ライダーとしては最高ランキング18位を獲得。01年は、ミスとマシントラブルが相次ぎ、最終的には14位で終わった。

今年は、オーナー兼ライダーのルーチョ・チェッキネロ率いるチームから参戦。ホンダからアプリリアへの乗り換えもスムーズにこなし、安定した速さを証明していたが、結果だけが欠けていた。「ここに来るまでに、僕も、僕の家族も努力をしてきた。ルーチョに感謝しなければならないだろう。彼は2年間成績を残せなかった僕を信じてくれた。」

Tags:
125cc, 2002, Alex de Angelis

Other updates you may be interested in ›