Tickets purchase
VideoPass purchase

レプソル・ホンダ・チーム独走続く

レプソル・ホンダ・チーム独走続く

レプソル・ホンダ・チーム独走続く

レプソル・ホンダ・チームがワールドチャンピオンシップのチーム部門において、344ポイントに達した。ザクセンリンクで開催された第9戦ドイツGPで、バレンティーノ・ロッシの優勝と宇川徹の3位の活躍により、計41ポイントを加算した。

レプソル・ホンダ・チームが独走を続ける一方で、2位のマールボロ・ヤマハ・チームが2位の座を堅守した。マックス・ビアッジとカルロス・チェカが2位と4位を獲得したことにより、33ポイントを獲得すれば、直接のライバルと言えよう3位のウエスト・ホンダ・ポンスは、ロリス・カピロッシの代役アレックス・ホフマンの6ポイントに止まった。4位には、89ポイントのアンテナ3・ヤマハ・ダンティーンがつける。

9位につけていたプロトン・チームKRは、青木宣篤とジェレミー・マックウイルアムスがそれぞれ8ポイントと9ポイントを獲得し、7位に浮上した。また、テレフォニカ・モビスター・スズキ、フォルトゥナ・ホンダ・グレシーニ、プラマック・ホンダ・レーシング、そしてMSアプリリア・レーシングが同グランプリで無ポイントに終わった。

Tags:
MotoGP, 2002, Cinzano Motorrad GP Deutschland, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›