初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヤクブ・スムルツ ホーム・グランプリ出場は時間との戦い

ヤクブ・スムルツ ホーム・グランプリ出場は時間との戦い

ヤクブ・スムルツ ホーム・グランプリ出場は時間との戦い

ヤクブ・スムルツは、6月下旬、ハンガリーにて開催されたヨーロッパ選手権で左足を負傷した。現在、チェコ人ライダーは、チームデレクターのダニエル・エップとともに、西アフリカ沖に浮かぶ島、スペイン領のテネリフェでサマーバケーションを過ごし、物理療法士の指導の下、母国で開催される次戦グランプリ(決勝8月25日)への復帰に向け、リハビリに取り組んでいる。

負傷後、オランダGPが開催されるアッセンにて、激痛に苦しむ足をギブスで固定した。以降、スムルツは松葉杖を使用している。「順調に回復している。だけど、母国グランプリへの参加は、ギリギリだろう。」と回復具合を説明する。「担当医によると金曜、つまりグランプリが始る日まではギブスを外すことができないと言う。GP開催の少し前、おそらく月曜に出場するか、しないか、判断を下すことになろう。僕は最後まで楽観的に考えているんだ。」

エリット・グランプリに所属するライダーは、「僕は気落ちしている状態ではないけど、神経質になっている。1レースも欠場したくないし、特にホームは失いたくない。もし、最終的に走ることができなくても、スポット参戦する弟マティの傍にいるためにブルノには行くつもりだ。」と語った。

Tags:
125cc, 2002

Other updates you may be interested in ›