初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ケニー・ロバーツ ブルノ復帰

ケニー・ロバーツ ブルノ復帰

ケニー・ロバーツ ブルノ復帰

今週末、ケニー・ロバーツがグランプリに復帰し、新パーツが導入されるスズキ4ストロークマシンGSV-Rの走行を楽しみにしている。元500cc世界王者は、前半戦は腕筋の負傷に苦しみ、ドイツGP前に緊急帰国と手術を余儀なくされたが、カルフォルニアでの手術は無事成功に終わり、順調に回復している。

「今は以前よりパワーがつき、今まで消化できなかったテストが実施することができるだろう。」と元気に語った。「再び100%の状態に戻るところだ。以前よりも体調は良く、ティング医師とミレーン医師が僕のリハビリにおいて、重要な役割を果たしてくれたことに感謝しなければならない。愛妻も僕を支えてくれた。ディレット・トラックでトレーニングを重ね、以前のような疲労感はなくなった。」

ロバーツは4ストロークマシンにはフィジカル能力が要求されることに驚きを感じたことを認め、今は990ccマシンをコントロールするのに必要な体力が十分にあることを確信した。「500ccマシンを駆けていた時は、腕の筋力問題をコントロールできたが、4ストロークマシンでは高いフィジカルが要求され、状況が悪化した。今、長時間に渡り、困難なく、全身を支えることができる。もう腕の問題に苦しまなくて済むことを期待したい。」

スズキのエンジニアたちは、夏の間、前半戦のデーターを基に工場で作業を続け、ロバーツは再開されるチャンピオンシップで、好成績獲得の可能性を楽観的に考えている。「ブルノは僕たちにとって最良のサーキットの1つとならなければならない。僕たちの状況は、改良されたスズキのマシン次第であろう。僕自身に関しては、体調が良く、レースに100%挑めることができると言えよう。これは満足することだ。」

Tags:
MotoGP, 2002, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Kurtis Roberts

Other updates you may be interested in ›