Tickets purchase
VideoPass purchase

メランドリとアプリリア、得意に舞台に戻る

メランドリとアプリリア、得意に舞台に戻る

メランドリとアプリリア、得意に舞台に戻る

再開されるチャンピオンシップにおいて、ランキング総合トップのマルコ・メランドリは、2位フォンシ・ニエトとの25ポイント差を堅守すただけでなく、素晴らしい思い出のサーキットで引き離しに挑む。メランドリは、97年にこの地ブルノでグランプリデビューを果たし、翌年の98年と99年に勝利を収めている。昨年は原田哲也に続き2位を獲得し、コースレコードをマークした。

メランドリとアプリリアは今季、衝撃的な記録を樹立している。イタリア人は今季6勝。フランスGPからは5連勝を挙げていれば、イタリアのメーカーは全9戦中8連勝と圧倒的な強さを見せている。また、アプリリアはここ9年間で7勝していることも付け加えなければならないだろう。もし、メランドリが前半戦のようなレベルがキープできなくても、他のライダーが活躍することだろう。その筆頭は昨年4位に入ったニエトと言えるだろう。安定感ある走りで確実にポイントを獲得していたスペイン人ライダーは、ブルノで自己最高の成績を収めてから、さらに高ポイントを連取し始めた。

アプリリアを駆けるトニー・エリアスとロベルト・ロカテリも表彰台候補であり、ヤマハのセバスチャン・ポルトとホンダのロベルト・ロルフォにも勝機があるだろう。ポルトはドイツGPでマシントラブルで、ロルフォは雨の影響で、それぞれ初優勝を逃した。現在まで、ペトロナス・スプリンタ・ヤマハのライダーの最高成績は前戦ドイツGPの3位であり、ファルトゥーナ・ホンダ・グレシーニのライダーは今季3度2位を獲得している。調子を上げてきている両ライダーは、97年にマックス・ビアッジ(ホンダ)が飾った勝利以来、アプリリア独占が続く連勝ストップに立ち向かう。

Tags:
250cc, 2002, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Marco Melandri

Other updates you may be interested in ›