初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

MotoGPライダー、洪水の被害救済のために団結

MotoGPライダー、洪水の被害救済のために団結

MotoGPライダー、洪水の被害救済のために団結

今週末のチェコGP参戦のために、開催地ブルノに集まった22人のMotoGPライダーたちが、洪水の被害救済のために立ち上がった。

大雨の影響により、洪水などの被害に苦しむチェコの現状を目の当たりにしたチャンピオンシップに携わる多くの関係者の間から、自然災害者を救済するための提案がなされ、関係者一同が団結した。目的は、一日も早く通常の状態に回復し、普段の生活を取り戻すための救済活動を行うことである。

バレンティーノ・ロッシ、ケニー・ロバーツ、マックス・ビアッジら、MotoGPクラスのライダー1人1人は、救済活動の代表者として、グランプリ開催期間中に洪水の被害を受けた地方や都市、町を訪れるほか、被害地の代表者をサーキットに招待し、その土地の旗を掲げて、コースを1周するなどの計画を立てている。

ワールドチャンピオンであり、ランキング総合トップに立つバレンティーノ・ロッシは、被害地の1都市であるリビスを訪れることとなった。「僕たちのサポートが被害地のために役に立ち、この大災害から一時も早く回復するための復旧作業の励みになれればと思う。もし、優勝すれば、この勝利をリビスに捧げたい。」とイタリア人は語った。

Tags:
MotoGP, 2002, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›