初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

マックス・ビアッジ完全勝利

マックス・ビアッジ完全勝利

マックス・ビアッジ完全勝利

マックス・ビアッジが、ブルノ・サ-キットで6度目の優勝を飾った。ポールポジションからの完全勝利と再びこの東欧で輝くとともに、ヤマハの4ストロークマシンM1に初勝利をもたらせた。

ビアッジ、バレンティーノ・ロッシ、そして加藤大治郎が2ラップ目からライバルたちを引き離せば、カルロス・チェカ、宇川徹、ロリス・カピロッシらが第2グループを形成する。チャカとカピロッシが遅れる一方で、セテ・ジベルナウがリズムを上げ、宇川に接近する。トップの3人は縦に並ぶように、ラップを刻んで行く。

ラスト7ラップ付近から加藤は徐々に遅れ始めれば、ロッシはアタックを仕掛けようという矢先に、リアタイヤにトラブルが発生し、タイヤ交換を余儀なくされた。ワールドチャンピオンは、1度はコースに戻るが、3ラップ後にピットインし、レースを終えた。ビアッジは昨年のドイツGP以来の優勝を果たせば、RC211Vで初めて駆けた加藤は今季2度目の2位を獲得。午前中のフリー走行中に大クラッシュを起こした宇川だったが、大事には至らず、3位に入った。スズキ4ストロークマシンGSV-Rのジベルナウが今季最高位4位を獲得すれば、スポット参戦している梁明は14位だった。また、ノリックと原田哲也がそれぞれ8位と15位でゴールすれば、中野真矢がファーストラップに、青木宣篤が13ラップ目に転倒リタイヤした。

Tags:
MotoGP, 2002, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›