初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

激戦125ccバトル、チェキネロ今季3度目の勝利で制す

激戦125ccバトル、チェキネロ今季3度目の勝利で制す

激戦125ccバトル、チェキネロ今季3度目の勝利で制す

ルーチョ・チェキネロが、8人による優勝争いを制し、今季3度目の旋風をブルノで起こした。ランキング総合トップにマヌエル・ポジアーリは5位に終わり、アルヌー・ヴァンサンとは2ポイント差に、ダニ・ペドロッサとは11ポイント差に追い上げられた。

2ラップ目に8人によるトップグループが早くも形成された。中盤にジョアン・オリベとパブロ・ニエトが転倒リタイヤするが、入れ替わるように、後方からヘクトル・バルベラとスチーブ・イェンクナーがグループに加わった。猛追するバルベラの勢いは衰えることなく、次々にポジションを上げていった。

ポジアーリは終始、戦況を見ながらチャンスを狙っていたが、チェッキネロがファイナルラップを制し、ル・マン以来の優勝を飾った。一方でペドロッサは、最終コーナーでヴァンサンを交わせば、バルベラが僅か0.001秒差でポジアーリを抑えた。6位にはイェンクナーが入り、ポールポジションだったアレックス・デ・アンジェリスは8位だった。日本人ライダーは東雅雄が12位に、宇井陽一が17位に終わった。

Tags:
125cc, 2002, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›