初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

2戦でアドバンテージを失うポジアーリ

2戦でアドバンテージを失うポジアーリ

2戦でアドバンテージを失うポジアーリ

ドイツGP、そしてチェコGPと2戦連続して表彰台を逃したワールドチャンピオンのマヌエル・ポジアーリは、ランキング総合ポイントにおいて、ここまで築き上げた重要なアドバンテージを失った。タイトル獲得に向け、順調にポイントを積み上げてきたして来たジレラのライダーは現在、2位のアルヌー・ヴァンサンとは僅か2ポイント差、3位ダニ・ペドロッサとは11ポイント差まで詰め寄られている。残り6戦。彼らを中心に、150ポイントの熱いバトルが展開されるだろう。

第8戦イギリスGP終了時点で、ポジアーリは南アフリカGP、イタリアGP、カタルーニャGPの3戦に優勝したほか、2位2度、3位2度と次々に高ポイントを連取してきた。無ポイントは、ゴール直前の最終コーナー立ち上がりでクラッシュしたスペインGPだけで、ヴァンサンに14ポイント差、ペドロッサには19ポイント差をつけていた。しかし、ここ2戦は合計24ポイント(4位13ポイント+5位11ポイント)に止まれば、ライバルのヴァンサンは41ポイント(優勝25ポイント+3位16ポイント)、ペドロッサは29ポイント(7位9ポイント+2位20ポイント)を獲得し、追い上げている。

Tags:
125cc, 2002, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›