初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

スズキGSV-Rの進化

スズキGSV-Rの進化

スズキGSV-Rの進化

スズキの4ストロークマシンGSV-Rが、後半戦開幕に好スタートを切った。シリーズ第10戦チェコGPでいくつかの新パーツを投入したテレフォニカ・モビスター・スズキは、テスト時間もほとんどない状態ながら、セテ・ジベルナウは今季最高の4位を獲得した。レース終了後は、2日間延滞し、スポット参戦していた梁明とともに、新パーツのテストを実施した。

チーム監督のギャリー・テイラーは、進化続ける4ストロークマシンのテストについて語った。「マシンの発展には、進歩と後退の両面がある。発展過程には当然起こるべきことで、重要なのは進歩の方が大きいことである。クエッションがいい調子で解消され、進歩しているのは確かなことだ。時々、1つのテストが他に影響を及ぼすことがあり、進歩が辛いほど遅いこともある。.だから、パーツを投入する際には、毎回、詳細部分に至るまで全てを試さなければならない。」

一方でケニー・ロバーツは開発について楽観的なコメントを残した。「週末は、多くのテストをトライしたが、時間が十分でなかったために、あまり効果的でなかったが、この2日間のテストで、次戦ポルトガルに向け、いいベーツを築く、機会となった。」

Tags:
MotoGP, 2002

Other updates you may be interested in ›