Tickets purchase
VideoPass purchase

チェッキネロ:「タイトルを考えるには、あまりにも遅かったかもしれない」

チェッキネロ:「タイトルを考えるには、あまりにも遅かったかもしれない」

チェッキネロ:「タイトルを考えるには、あまりにも遅かったかもしれない」

シリーズ第10戦チェコGPでは、ルーチョ・チェッキネロの優勝に続き、アレックス・デ・アンジェリスのPP獲得、そして250ccクラスに参戦するケイーシー・ストーナーの自己最高5位獲得と、サフィロ・オキサイド旋風を起こした。Motograndprix.comはチーム監督兼ライダーであるチェッキネロに話しを聞いた。

「成績はとても満足しているよ。しかし、同時に多少の不満があることも事実。なぜなら、アプリリアをとても気に入っていて、もし、これほど気に入っていれば、僕がチームを結成した96年からパートナーにしたかった。チャンピオンシップは順調で、不満はない。もっと早くから、互いの関心と協力関係を築ければよかった。」

今シーズンの成績について、次のように振り返ってみた。「優勝に満足しているけど、今シーズンについては失望もしている。転倒したウェルコム、ドニントン、そしてザクセンリンクのことだ。10戦中3レースにリタイヤするのは、決して僕だけの問題ではなく、他のライダーたちとの小競り合いや、メカニックトラブル、あるいは単にアンラッキーだったと言えよう。チャンピオンシップを予想すると、月桂冠を勝ち取る可能性は具体的に決まっている。タイトル争いに加わるには、あまりにもポイント差が開いてしまった。」

チェッキネロはコース上でも、チーム監督として、ベテランライダーとして、そしてチームメイトとして、デ・アンジェリスを導いている。「アレックスの活躍にはとても喜んでいるんだ。彼は将来を代表するライダーだからね。チームの唯一のライダーとはしたくないけど、アレックスには驚かされるよ。4年目のグランプで、このクラスの中心的ライダーとして頭角を現し、その地位を確立させた。土曜のセッションでは、マシンとライダーが重要であることを証明した。」

Tags:
125cc, 2002

Other updates you may be interested in ›