初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ミック・ドゥーハン 予選1日目を語る

ミック・ドゥーハン 予選1日目を語る

ミック・ドゥーハン 予選1日目を語る

「この予選セッションは、あまりにも奇妙だった。多くのライダーがタイムアタックを始める前に、多くの時間を費やしていた。最終的には、昨年より少ししかタイムを更新していない。しかし、ペースを上げるのには、それほど時間を必要としないと思われる。これはコースのコンディションとも説明できるが、4ストロークマシンに関しては、セッティングの問題と言えよう。」

Tags:
MotoGP, 2002, Grande Premio Marlboro de Portugal, Mick Doohan

Other updates you may be interested in ›