Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロッサ PP獲得

ペドロッサ PP獲得

ペドロッサ PP獲得

ダニ・ペドロッサが路面温度が低いコンディションでスタートしたセッションを制した。終盤には強い風と降り始めた雨の影響で、多くのライダーがタイムを伸ばすことができなかったが、スペイン人ライダーは悪天候前のセッション残り9分に、マヌエル・ポジアーリの暫定PPタイムを塗り替え、ポールポジションを獲得した。

開始直後にマシントラブルに見舞われた宇井陽一は、4ラップしか周回をこなすことができなったが予選3番手に終わった。ペドロッサとともにタイムを伸ばしたのは、フィンランド人ライダーのミカ・カリオ。予選1日目の13位から一気にポジションを上げ、5番手を獲得した。スティーブ・イェンクナーは、この日も安定したタイムを刻み、フロントロー4番手に入った。

セカンドローには、カリオ、シモーネ・サンナ、ミルコ・ジャンサンティ、ルーチョ・チェッキネロが並び、ランキング総合2位のアルヌー・ヴァンサンは9番手3列目スタートとなった。また、上田昇と東雅雄はそれぞれ16番手と20番手から明日の決勝レースを迎える。

Tags:
125cc, 2002, Grande Premio Marlboro de Portugal

Other updates you may be interested in ›