初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

逆転に成功したアルヌー・ヴァンサン

逆転に成功したアルヌー・ヴァンサン

逆転に成功したアルヌー・ヴァンサン

シリーズ第11戦ポルトガルGPで優勝を果たしたアルヌー・ヴァンサンが、ランキング総合トップの座を奪回した。今、前戦までトップに立っていたマヌエル・ポジアーリは、2位に後退し、23ポイント差がついた。

開幕戦優勝を飾りった後も2戦連続2位を挙げ、シーズン序盤の主役を演じたフランス人ライダーは、ランキングで独走していた。しかし、第5戦イタリアGPからエンジンに問題を抱え始めた。9位でゴールし、優勝したポジアーリにランキングで逆転されると、第6戦カタルーニャGPでは今季最低の11位に終わった。

第7戦オランダGPで4位を獲得し、エンジンの問題が解消しつつあることを示したが、ダニ・ペドロッサが初優勝を果たし、タイトル争いは三つ巴の展開となった。

第8戦イギリスGPでは16番手スタートからレースをひっくり返し、7戦振りの優勝を果たすと、第9戦ドイツGPで連覇し、今季3勝目をマーク。前戦チェコGPではチェッキネロとペドロッサに続き3位表彰台を獲得し、ポシアーリにプレッシャーを掛けた。

ここ4戦で3勝と3位で、91ポイントを獲得すれば、ライバルのポジアーリは40ポイントに止まった。特に昨日の転倒無ポイントで、両者の立場が逆転した。

しかし、23ポイントは大きなアトバンテェージとは言えない。チャンピオンシップは、ヨーロッパを離れる。初タイトルに向け、ヴァンサンは残り5戦125ポイントのタイトルマッチが挑む。

Tags:
125cc, 2002, Grande Premio Marlboro de Portugal

Other updates you may be interested in ›